公務員試験-教養科目【一般知識】

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

一般知識は出題範囲が膨大なので過去問分析を行い頻出論点を抑えることが重要です。

公務員専門学校TOP > 公務員試験-教養科目【一般知識】

分野の多い一般知識は効率の良い学習計画が必要

公務員試験の教養科目のうち一般知識は全問必須ではなく、選択解答制を採用しているケースが多いので、不得意科目を避けることが可能です。

一般知識は、とにかく範囲が膨大な割に得点はあまり稼げない科目なので、一般知能の数的処理をまず最優先に学習します。

そして、一般知識については、過去問や演習を通じて広く浅く網羅的に学習していくことが重要です。

一般知識の試験内容

一般知識の試験内容は、社会科学(政治・法律・社会・経済)、人文科学(思想・文学・芸術・日本史・世界史・地理)、自然科学(数学・物理・化学・生物・地学)から構成されています。

難易度的には、各科目とも高校生レベルから大学の一般教養課程くらいの難しさとなります。

各科目から平均2~3問ずつ出題されるのが一般的ですが、法律・政治・経済はやや問題数が多い場合があります。

また、公務員試験の職種によっては出題されない科目もあるので、その場合は対策する必要がありませんので、事前に出題傾向は確認しておいてください。

一般知識の勉強方法

公務員試験も他の資格試験と同様に例年同じような問題が出題されているので、過去問分析をしっかりと行うことが重要です

そして、広範囲な出題範囲から少しでも多くの点数を稼ぐために頻出論点を把握して、そこを重点的に学習するほうが効率良く対策できます。

特に、社会科学に関しては、専門科目である法律系、行政系、経済系の基本知識で十分対応できる問題レベルなので、専門科目を徹底的に勉強することで社会科学の対策にもなります。

自然科学は文系出身者には厳しく、捨てる公務員受験生も多いですが、地学や生物は傾向が把握しやすいうえに、ほとんどが知識問題なので、文系出身や初学者でも十分対策可能です。

人文科学は、一番範囲が広く全て網羅する時間など無いので、過去問や出題傾向から頻出論点を洗い出して勉強していくことです。

捨てる科目は思い切って捨てて、他に科目に時間を充てるほうが効率的かもしれません。

<<広告・PR欄>>

東京アカデミー

東京アカデミーの公式ホームページです。
http://www.tokyo-ac.jp/

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

Z会

Z会の公式サイトです。
http://www.zkai.co.jp/ca/g/koumuin/index.html

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方 All Rights Reserved.