教員

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

教員は地方公務員の1つとして公立学校の教師として活躍できます。

公務員専門学校TOP > 教員

教員

教員

教員は、自治体が行なう公立学校の採用試験に合格すると公立小・中・高の正規教員として赴任される地方公務員の1つです。

2012年、教員採用者はなんと全国で3万人を超える過去10年間で最も多い年でした。

これは、団塊世代に当たる教員の大量退職のための人材確保が必要となっており、現在教員市場は売り手市場と受験生にとっては絶好の機会です。

ただし、売り手市場と言っても競争倍率は小中高によって異なってきます。たしかに小学校の競争倍率は全国平均4.4倍とかなり低いですが、中学校および高校は依然として7倍以上の競争倍率があります。その上、養護教諭は8.2倍、栄養教諭は10.4倍と高い競争率です。

さらに、競争立は自治体によっても異なってきており、東京都をはじめとする都市部では4.4倍低い一方、宮崎などの地方では10倍を超える自治体も多く見受けられます。

つまり、志望する校種および自治体によっては依然として十分な対策を取る必要があるということです。

公務員専門学校や資格の予備校でも教員採用試験の対策講座を開講している学校もたくさんあるので、合格しやすいからと気を緩めずしっかりと準備してくことが重要です。

校種による倍率の差 自治体による倍率の差
小学校 4.4倍 東京都 4.4倍
中学校 7.7倍 愛知県 5.4倍
高校 7.3倍 宮崎県 14.4倍

教員の魅力

公立の小中高の教員は過去に比べて非常に合格しやすい時代となっており、団塊世代の退職による人材確保の傾向は今後もしばらくは継続すると思われます。

また、公立学校の教員は公務員よりも給与水準が高いのが魅力です。先日財務省が公立小中の教員給与削減の方針を固めましたが、これは普通の公務員水準に戻そうと言われている取り組みですが過去削減率は1%となっており大きな影響は無いと思われます。

さらに、公務員は各種手当てに加え福利厚生の充実と高い退職金があるので経済的にはかなり裕福になると言われています。

初任給与額 (例:東京都特別区)

【H19教員平均年収】
公立小・中 742万円
公立高校 776万円

教員の試験概要

受験資格(平成25年度)

【教員免許状】
  1. 受験する校種・教科の普通免許状を有していること又は採用予定日までに免許取得見込みであること
【年齢制限】
  1. 年齢制限は多くの自治体で設けているので必ず確認すること

教員の試験科目および内容(平成25年度)

試験の種類 出題科目やテーマ 内容




教職教養 教育原理、教育法規、
教育心理、教育史、教育時事
広範囲な分野から出題される教職に関する専門知識が問われる重要科目です。自治体によってはその土地柄の問題も出たりするので要注意。論文試験や面接試験の基礎知識としても必須となる科目です。



人文科学(国語・英語・芸術)
社会科学(地理・歴史・政経・倫理)
自然科学(物理・化学・生物・地学・数学)
科目数が多いですが中高の学習内容や時事問題が出題される基礎レベル中心の問題です。小学校全科の出題範囲と重なるので小学校志望者は一緒に学習すると効率的です。









小学校全科
(国・社・算・理・生・体・家・音・図など)
中学・高校 教科別
(英語・国語・社会など)
志望の校種や教科ごとの専門知識および学習指導要領・指導法に関する試験です。中高の専門科目は難易度の高い問題が出題されるのでしっかりとした対策が必要です。



小学校
(ピアノ・水泳・器械運動・英会話など)
中高英語
(ディスカッション・リスニング・英会話など)
中高保体
(水泳・陸上競技・器械運動・球技など)
主に小中高の実技系教科を対象とした試験です。毎年同じ傾向なので直近の試験要項で内容を把握しましょう。




教育論、児童・生徒指導論
教師論、抽象論など
主に教育にまつわるデータを課題とした論述試験です。教職教養で学習した教員としての専門知識も文章力や国語力同様に必須になってきます。近年の傾向は自治体の教育施策をテーマに出題するところも増加しています。

個人面接
集団面接、集団討論
模擬授業、場面指導など
教員としての資質や能力を見極める自分試験で近年重要視されています。先から2つ以上組み合わせて実施されるので志望の自治体の面接形式を確認しておきましょう。教育に関する課題もあるので教育教養の知識は必須です。

平成23年度教員採用試験実施状況

採用者数 競争倍率
30,930人 5.8倍

<<広告・PR欄>>

東京アカデミー

東京アカデミーの公式ホームページです。
http://www.tokyo-ac.jp/

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

Z会

Z会の公式サイトです。
http://www.zkai.co.jp/ca/g/koumuin/index.html

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方 All Rights Reserved.