公務員へ転職・中途採用

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

公務員は社会人経験がある人を即戦力として募集しています。

公務員専門学校TOP > 公務員へ転職・中途採用

社会経験を強みに公務員試験にチャレンジ

公務員になる人は何も高卒新卒生や大卒新卒生だけではありません。

多くの公務員の受験資格(一般枠)が21~30歳なので、一度社会に出たけれど公務員の夢を諦めきらずに公務員試験を受けて公務員に再就職する人が大勢いらっしゃいます。

もちろん年齢的なギャップはありますが、その分社会人としての経験を活かせられるのでアピール材料になります。

学習スタイルはみんな自分の環境に合った方法で勉強しています。仕事と両立しながら夜間や週末に集中して授業を受けたり通信講座を利用する人もいます。

また、一大決心で会社を辞めて公務員専門学校などの全日制コースに入学したり、本科生コースで一日中学校に缶詰状態で勉強する人もいます。

公務員の職種等は、自分の職業経験がより役立つところが良いので公務員専門学校などのセミナーなどに参加して相談してみると良いでしょう。

経験者採用試験を利用して公務員へ転職

公務員には一般枠の他にも民間企業などで職務経歴が5年以上ある人を対象とした「経験者採用試験」があります。

この試験は、新卒者にはない専門知識や技術を持った即戦力として活躍できる人材を求めています。

自治体によっても異なりますが58歳でも受験資格を与えられるところもあります

試験は、専門科目の出題は無く、高卒程度の教養科目と職務経験を記述す論文試験が中心となります。

したがって、学習負担は一般枠に比べると大きくなく仕事と両立しながら受験対策を行なうことも可能です。

採用人数が多い中途採用枠で年収アップも期待

自治体にもよりますが、公務員への経験者採用の採用予定数は多く、多いところでは100名を超えている自治体もあります。

さらに、公務員は平均年収が民間企業よりも高いので安定した地位と同時に年収アップも期待できる魅力的な転職先です。

その上、経験者採用試験に定められている職務経験は正社員だけではありません。横浜市のように自営業者、アルバイト、パートタイムでも職務経験に含めることができる自治体もあります。

自治体によって採用数、給与、経験要件は多種多様なので必ず自分で志願する自治体について調べることが重要です。

<<広告・PR欄>>

東京アカデミー

東京アカデミーの公式ホームページです。
http://www.tokyo-ac.jp/

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

Z会

Z会の公式サイトです。
http://www.zkai.co.jp/ca/g/koumuin/index.html

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方 All Rights Reserved.