税務署職員

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

税務署職員は国民が正しく納税できるよう助言、指導、調査などを行う税金の専門家です。

公務員専門学校TOP > 税務署職員

税務署職員

税務署職員

税務署職員は、国民が正しく納税できるように情報提供を行ったり、税金に対する知識を広めたり、また、納税が速やかに行われなかった場合は督促や調査を行ったりします。

さらに、滞納が長期化し目立つ場合には強制徴収を行い、競売で資産を売却して補てんするなど、税に関する様々な業務に携わります。

税務職員の試験に合格すると、1年間税務大学校にて税務職員に必要な専門知識や、社会人としてのマナーなどを学ぶために研修があります

税務大学校の研修期間中も公務員として月額14万円ほど給料を支給されるので、安心して学ぶことができます。

税務署職員の魅力

税務職員は、高卒程度で受験資格が与えられる国家公務員であり、安定した給与が期待できます。

採用後の研修制度や福利厚生がとても充実した働きやすい職場環境なので、女性の方も安心して働けます

また、税務職員になり勤続年数が23年を超えると、税理士試験を受けずに税理士資格を取得できるので、多くの方が引退後も税理士として活躍しています。

初任給与額の比較 

採用時 133,418円
普通科卒業時 153,606円
平均給与額 444,869円(2013年)
昇給 通常年1回
諸手当 扶養手当、通勤手当、住居手当等、期末・勤勉手当
福利厚生 人間ドック、ホテル、スポーツクラブ、保険給付、育児手当金

税務署職員の試験概要

受験資格(平成25年度)

  1. 平成26年度4月1日において高校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して3年を経過していない者及び平成27年3月までに高校又は中等教育学校卒業見込みの者
  2. 人事院が1.に掲げる者に準ずると認める者

税務署職員の試験科目および内容(平成25年度)

【試験日】第一次試験:9月前半、第二次試験:10月前半

試験 試験種目 解答題数 解答時間 配点比率 内容
第一次試験 基礎能力試験(多肢選択式) 40題 90分 2/3 公務員として必要な基礎能力(知能及び知識)についての筆記試験
【知能分野20題】
文章理解7題、課題処理7題、数的処理4題、資料解釈2題
【知識分野20題】
自然科学5題、人文科学9題、社会科学6題
適正試験
(多肢選択式)
120題 15分 1/3 速く正確に事務処理を行う能力についての筆記試験
作文試験 1題 50分 ※1 文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験
第二次試験 人物試験 非公表 非公表 ※2 人柄、対人的能力についての個別面接
身体検査 非公表 非公表 ※2 主として胸部疾患、尿、その他一般内科系検査

(※1)作文試験は、第一次試験合格者を対象として評定した上で、最終合格者の決定に反映する
(※2)合否判定のみ実施

2013年 試験地ごとの実施倍率

区分 応募者数 第一次試験
受験者数
第一次試験
合格者数
最終合格者数 倍率
北海道 220 186 48 27 6.9
東北 245 197 71 48 4.1
関東甲信越 1970 1280 501 298 4.3
東海北陸 489 388 156 80 4.9
近畿 542 382 197 118 3.2
中国 417 250 90 44 5.7
四国 177 156 30 18 8.7
九州 552 418 92 50 8.4
沖縄 107 83 8 3 27.7

税務署職員の第1次試験(択一式)の平均点等

年度 試験種目 満点 平均点 標準偏差
2013年 基礎能力試験 40 19.123 5.5257
適性試験 120 67.221 23.214

(※)人事院発表

<<広告・PR欄>>

東京アカデミー

東京アカデミーの公式ホームページです。
http://www.tokyo-ac.jp/

クレアール

クレアールの公式ホームページです。
http://www.crear-ac.co.jp/

Z会

Z会の公式サイトです。
http://www.zkai.co.jp/ca/g/koumuin/index.html

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方 All Rights Reserved.